hirax.net::シリアルデータをExelへ転送したい::(1999.04.10)

シリアルデータをExelへ転送したい  share on Tumblr 

計測器のデータを簡単に入力しよう

計測を行って、解析処理を行いたい時にどうにも入力が面倒なことが多い。処理はExcelなどで行うことが多いのだが、計測したら即座にExcelのワークシートに入力されたら便利である。膨大なデータを計測して、そのデータからどれだけ意味ある情報を抽出することが簡単にできたらいい。そう考えて、シリアルデータ出力を持つ計測器の出力データをExcelへ自動的に送信するソフトを作成した。現在、対応しているソフトは画像関係の計測器の6種類だ。 Tool++はシリアル出力を行うことができる計測器のデータをExcelのシートへ自動入力するソフトウェア。計測すると同時にデータがExcelのシートに取り込まれる。画像出力結果のデータ処理などを簡単に行うことが出来る。
現在、対応している計測器は

  • Macbeth社製 RD-1151PB 濃度計
  • Macbeth社製 RD-1255 濃度計
  • Macbeth社製 RD-914 濃度計
  • Macbeth社製 RD-918 濃度計
  • X-Rite社製 X-Rite404 濃度計
  • 東京電色 かぶり測定器 TC-6DS(I/Fをつくる必要がある。といってもとても簡単なものだ)
となっている。動作環境はWindows95,NT4.0以降であり、Excel95,97共に動作確認済みである。他の測定装置にも気が向いたら対応していきたい。徐々に対応機種を増やしているので、興味のある方はjun@hirax.netまで(期待しないで)連絡して欲しい。

ソフトのダウンロード


Tool++の画面


さて、本家「できるかな」のゴン太くんにならい、本サイトでもサブキャラを登場させることにした。称して「ちび太」くんである。今回は、ちび太はせっせと計測しているところだ。MacromediaFlashをいじってみたかったので、Flashのプラグインをインストールしていない人は見えないだろう。内容は大したしたものではない。

計測すると、データはExcelへ自動入力される

<IMG src="/dekirukana/toolplus/toolp.gif" WIDTH=400 HEIGHT=300 BORDER=0>


この記事と関係がある他の記事