hirax.net::サンタクロースを捜して::(2000.12.24)

サンタクロースを捜して  share on Tumblr 

Double Role on Christmas Eve


 クリスマスが近くなると子供達は「サンタクロースにお願い」をし始める。といっても、子供達がサンタクロースがどこに住んでいるのか知っているわけもないし、かといってサンタクロースへの伝言板があるわけでもない。これがゴッサムシティに住んでいるバットマンなら夜空にバットシグナルを照らし出せば良いし、シティハンターなら駅の伝言板に書き込みをすればちゃんとメッセージは伝わるだろう。

 だけど、サンタクロースに関してはそんなホットラインは残念ながら無いのである。子供達はサンタクロースに「自分が欲しいもの」をどうやって伝えれば良いのか実際のところ判らないのだ。じゃぁ、子供達はどうすれば良いのだろう?どうすればサンタクロースが何処にいるのか知ることができるだろう?サンタクロースを探すにはどうしたら良いのだろうか?

 これまでなら、子供達は身の周りの大人達、自分よりも色んなことを知ってそうな大人達に「サンタクロースは何処にいるの?」と聞いていたに違いない。だけど、色んなことを知ってるはずの両親や保母さんも「サンタクロースが何処にいるか」は何も教えてくれない。残念ながら、色んなことを教えてくれる大人達もサンタクロースのことに関しては何故か何も知らないようなそぶりを見せる。

 そんな風に、これまでなら子供達には他に調べる術もなかった。だけど、今なら違う。インターネット上に「検索サイト」がたくさんあるのだ。今の子供達は例えばGoogleで「サンタ」と入力して検索のボタンを押すだけで、なんと25300件もの情報(2000.12.24現在)を集めることができる。子供達は「インターネット上でサンタクロースを捜す」ことができるのだ。

 だけど、子供達にはそんなサンタを捜す手段はあるのだけど、それでもなかなか上手くサンタを見つけられないことだろう。まだまだ、上手く情報を選別できないこともあるだろう。そこで、今回はそんな子供達のために、インターネットで「サンタクロースを捜して」みた結果を書いてみたいと思う。サンタクロースが誰だか調べるテクニックとそのヒントをホンの少しだけ書いてみたい、と思うのだ。
 

 さて、それではサンタクロースを捜してみることにしよう。まずは、「関係者を調べて」みる。サンタクロースと誰が関係していて、誰が関係していないのかを調べてみるのである。と、いきなり言われても判りづらいだろうから、まずは例を出してみたい。例えば、どうみてもサンタクロースの関係者のハズの「トナカイ」を考えてみよう。まずは、「トナカイ」をGoogleで検索すると23500件の情報がある。そして次に、「トナカイAND サンタ」で検索すると、9060件の情報があることがわかる。トナカイの全ての目撃情報(Googleによる)が9060件であるのに対して、「サンタと一緒にいるトナカイ」の情報は9060件の目撃情報があるのだ。つまり、9060/23500= 38.6%もの高い確率でトナカイは「サンタと一緒にいる」のである。
 

トナカイとサンタの「関係」 → どうみてもトナカイはサンタの関係者である

 この「トナカイとサンタの関係」を見せただけでは、少し疑問に思う人もいるだろう。そこで、次にサンタと無関係そうな白馬の場合で調べてみよう。果たして、白馬がサンタの関係者であるかを捜査してみるのだ。

 まずは、「白馬」単独で検索をすると108000件の目撃情報が見つかる。それでは、「白馬AND サンタ」で検索するとどうなるだろうか?なんと、795件しか見つからないのである。つまり、「サンタと一緒にいる白馬」は795/108000= 0.74%しかいないのだ。これは、どうみても白馬はサンタと無関係であることがわかるだろう。白馬に乗って現れるのはやはり「王子さま」であって、サンタではないのである。そしてまた、この検索方法の妥当性も納得して頂けることと思う。このやり方で検索を続けていけば、サンタの正体もいつか判るハズなのだ。
 

白馬とサンタの「関係」 → どうみても白馬はサンタと無関係である

 これを読んでいる子供達がこの検索方法を使えば、きっとサンタをいつか見つけることができるだろう。あとは子供達が自分で捜すことだろうから、もう私が捜すのはここまでだ。

 だけど、ちょっと気になることがあるのでそれだけは調べておきたいと思う。それは、サンタと子供と大人の関係だ。何故なら、去年「サンタが街にやってくる」の中で私は「サンタクロースの巡回問題」を考えることで、「子供達が大人になって、そしてサンタになる」と推理してみた。じゃぁ、サンタと子供と大人の関係は一体どうなっているのだろう?それだけは、ちょっと調べてみたいのだ。子供達がサンタのことを訊いても、サンタのことを何も知らなさそうなそぶりを見せる大人達は本当にサンタと無関係なのだろうか?それだけは調べておきたいと思うのである。

 そこで、サンタと一緒に目撃された(Googleに)子供と大人の割合を調べてみた結果が次の表だ。
 

サンタと子供と大人の関係
サンタと一緒に目撃された割合
子供1.4%
大人0.018%
(参考:プログラマー)0.57 %

 これを眺めてみると、とても興味深いことがわかる。なんと、サンタと一緒に目撃された子供の割合は1.4%であるのに対して、サンタと一緒に目撃された大人の割合は0.018%しかないのである。二桁も違うのだ。もう、どうみてもサンタと無関係そうなプログラマーでさえ(プログラマーには実に失礼であるが)、0.57%もサンタと一緒に目撃されているのに、大人はそれより遙かにサンタと一緒には現れないのである。0.018%なんてほとんど0%だと言っても良いくらいだ。サンタと大人が一緒に目撃されることはもう全然無いのである。

 さっきのトナカイの場合なんか、38.6%もサンタと一緒に目撃されていて、「サンタがいるところにはトナカイがいる」と言っても良いくらいなのに、それとは全く正反対だ。「サンタがいるところには大人はいない」のである。「サンタと大人が一緒に現れる」ことはないのだ。だから、きっと大人とサンタは無関係なのだろう。子供達がサンタクロースのことを大人達に訊いても何も教えてくれなかったのも当たり前だ。大人達はサンタと出会ったことがないのだから、それはしょうがない。だから、実は大人達はサンタのことを何も教えることができないのだ。ただ、サンタのことを本当に知らないだけなのだ。

 サンタが現れているときには大人の姿は見えず、大人が現れているときにはサンタは現れない。だから、大人達はサンタのことを知らない。そう単純にそれだけのことだ。ただそれだけのことだ。    だけど、もしかしたら本格ミステリー大好きの名探偵コナンのような子供であれば、そこに何かのトリックでも思いつくのかもしれない。   それでも、そんな名探偵コナンのような子供だってきっといつかは…
 

この記事と関係がある他の記事