hirax.net::高いか、安いか、この価格::(2000.08.07)

高いか、安いか、この価格  share on Tumblr 

愛はお金で買えるのでしょうか?

 私がよく使う日本国内向け情報検索サイトはinfoseekである。何かを探すときには、居酒屋の生ビールではないが、何はともあれinfoseekである。何故かは上手く説明できないが、他の検索サイトに比べて私にとって感覚的に「合う」のである。

 ところで、こういった検索サイトはバナー広告などの広告収入で運営されている。しかし、私は「そんなバナー広告って、高いお金を出すほど効果があるのかなぁ?」とかねがね疑問に思っている。といっても、広告シロートの感覚なのできっとそれは間違っているのだろう。

 そんな広告シロートの私でも、「あぁ、これは便利だなぁ。これはきっと効果があるよなぁ。」と思うバナー広告がある。それは、「検索のキーワードに応じて表示されるバナー広告」である。

 例えばinfoseekで「センサ」というキーワードで検索をかけるとこんな結果表示の画面になる。
 

infoseekで「センサ」で検索をかけると...

 色々な「センサ」に関する情報を知りたいと思って、「センサ」に関するサイトをinfoseekで調べると、

センシング・計測技術の総合サイト = キーエンス
というバナーがデッカク表示されるのである。なんとも、これは便利である。普通のバナー広告は邪魔なだぁと思うことも多いが、こんなバナー広告は全然邪魔だとは思わない。むしろ、便利だなぁと私は素直に思うのである。

 私の気持ちに関わらず勝手に無条件で表示されるバナー広告は、私にとって単なるノイズにすぎない。「このバナー広告がなければ、もっと素早く情報が表示されるのになぁ」などと思い出すと、腹が立ってくるほどである。しかし、私の探している情報に関するバナー広告を表示してくれるとなると、それが180度変わるのである。それは単なるノイズではなくて価値あるシグナルに変わってしまうのだ。邪魔な存在から、とってもありがたい存在に変わるのである。

 これは他の色々なキーワードでもそうで、例えばプリンターやコピー機の「トナー」に関する情報を探してみると、こんなバナー広告が表示される。「トナー」を探している人には

ウチでは安いトナーを売ってますよ!
という広告を教えてくれるのである。なんともありがたいことである。これは決して邪魔ではない。むしろ、適切なアドバイスである(いや、もちろんここのトナーが本当に安いのかどうかは私は知らない)。
 
infoseekで「トナー」で検索をかけると...

 この「センサ」、「トナー」といった例はinfoseekの場合だが、これは別にinfoseekに限るものではない。他の検索サイトでもこんなバナー広告は同様に表示される。例えば、

  • excite ( http://www.excite.co.jp/)
  • LYCOS ( http://www.lycos.co.jp/ )
  • infoseek ( http://www.infoseek.co.jp/)
  • goo ( http://www.goo.ne.jp )
の各検索サイトで「デジカメ」で検索をかけてみた結果が次の表である。
 
excite,LYCOS,infoseek,gooで「デジカメ」で検索をかけてみた結果
excite SANYOの広告
LYCOS Canonの広告
infoseek SANYOの広告
goo OLYMPUSの広告

 どこの検索サイトでも「デジカメに関する情報を探している人」には「デジカメの広告」を表示してくれるのである。いやはや便利な時代になったものである(ちょっと年寄り風)。

 ところで、こんな検索をかけている内に、こうした広告を出すのに「いくら位お金がかかるのか」と疑問に思い

を見てみると、これが実は結構安い。
  • Search Word/サーチワード 検索する言葉に合わせて出現する、待ち伏せ広告 (サイズ:60×468)
の価格は
  • 4週間2,500PV以上のワード 4週間で¥12×PV
  • 上記外のワード 4週間で¥30,000 (固定)
となっている。infoseekの
  • Top Page Banner/トップページバナー
の定価が一週間で¥2,000,000であるのを考えれば、もう格安と言っても良いと思う。方や一週間で200万円、つまり4週間で800万円(定価)なのに、待ち伏せ広告の方は4週間で3万円ぽっちなのである。

 私にとっては「邪魔な存在なだけのバナー広告」が一週間で¥2,000,000であるのに、「ありがたい存在のバナー広告」が4週間で¥30,000なのである。もう、こんなに安くて良いのかしら、という位である。こんなに安いと個人で広告を出してみても良いと思うくらいである。私も小遣いがもう少しあれば、試しに広告を出してみるところだ。「できる?」で検索をかけると、自動的に「HIRAX.NET」のバナー広告を表示したい程である。それは四週間で3万円なら安いモノだ。

  それどころか、このバナー広告を使ったシュールなプロポーズなんてのもオツなものだと思う。例えば、こんな感じだ。

ホラ、キミinfoseekでキミの「運命の人」を検索してごらん。
アラ、アナタのバナー広告が出てるわ! 何てこと!
なんて具合である。しかし、そんなことはもう実はされているかもしれない。

 ところで、このinfoseekの広告についての情報を読んでいると、infoseekにアクセスするユーザーに関する

なんて面白い情報がある。
 
infoseekにアクセスするユーザーに関する情報
左:男女比
右:チャンネル別男女構成比

 これを見ると、infoseekにアクセスするユーザーは男性がほぼ70%で、女性がほぼ32%であるから、これを標準の割合と考えて、チャンネル別男女構成比で「男の方が割合が高いジャンルと、女の方が割合が高いジャンル」を示すと次の図のようになる。
 

「男の方が割合が高いジャンルと、女の方が割合が高いジャンル」

 「カルチャー&ホビー」が男女半々のジャンルで、それを境にして「男の興味ある世界」と「女の興味ある世界」が分かれているのが判ると思う。「学び」に関しては女性の方が興味を持っていることが判るし、「インターネット」に関しては男性の方が興味を持っていることも判る。比較的、男性が「コンピュータ・ビジネス・経営・政治・法律・社会・マネー...」なんて無機的なものに興味を持っているのに対して、女性は「グルメ&クッキング・ショッピング・キャリア・トラベル・くらしの情報...」なんて血の通ったものに興味を持っている。うーん、面白い。男性の比率が一番多い(いや、女性の比率が少ないと言うべきか)のは「クルマ」で、女性は「ヘルス&ビューティー」だというのも何かとても面白く、笑ってしまう。

 これを見ると、「住まい」なんかもうほとんど女性の支配する世界であることなども判るだろう。なるほど、「男の隠れ家」なんて雑誌が売れるわけだ。ここまで「住まい」が女性の世界であれば、それも当然だろう。

 さて、話を検索キーワードに関するバナー広告に話を戻そう。試しにinfoseekで「結婚」で検索をかけるとこんな結婚情報サイトの広告が表示される。ありがたくて、涙が出そうになるくらいである。
 

infoseekで「結婚」で検索をかけると...

 そこで、調子にのって私はexciteで「愛」で検索をかけてみた。
 

exciteで「愛」で検索をかけてみた...

 もちろん、これは単なる偶然だろう。「愛」を探しているのに、消費者金融のバナー広告が表示されるわけはない。「愛」を探しているのに、「お金」の広告が出るわけがない。「愛がお金で買える」わけがない。単なる偶然とはわかっているけど、何ともイヤな偶然である。もちろん、単なる偶然の筈だ。

 神様、愛はお金で買えるのでしょうか? 
 

この記事と関係がある他の記事