hirax.net::あなたの声を聞きたい。::(2002.07.03)

あなたの声を聞きたい。  share on Tumblr 

「たった五文字」の読唇術

 東京駅から、いつも22:46時発三島行きの最終の新幹線に乗る。最終の新幹線だけが停まっているホームは、何だかいつも少し寂しい。ホームを歩いている人の数も少ないし、列車の中で席に座っている人達もほとんどが眠っているが、ぼんやりとしていてとても静かだ。

 そんな静かな新幹線のホームを、酔い覚ましの缶ジュースを飲みながら歩いていると、たまに「つかの間の別れ」をしのんでいる恋人達を見かける。ホームの柱の影で静かに話をしている二人もいれば、ほとんど何も喋っていないような二人もいる。どちらにしても、二人で見つめ合っていて、それをはたから眺めている私がいることなんか気づくはずもない。
 

最終のこだまの中から。

 そして、列車の発車を知らせるベルが鳴り響くと、多くの場合恋人達はドアのところで佇んで辛そうに言葉を交わしている。とはいえ、夜も遅いのにも関わらずベルの音はやはりとてもうるさい。だから、きっと相手の声がよく聞こえないのだろう。まるで耳の聞こえないもの同士が読唇術を試みるかのように、相手の唇の動きを見つめ続けている。あるいはもしかしたら、近くを歩く私などを意識して、とても小さい声で話をしているのかもしれない。

 どちらにしても、ベルが鳴りやんでドアが閉まった後は、相手の声が聞こえるはずもないから、相手の唇の動きだけを手がかりにして、相手を見つめながら言葉を交わしている。近くにいる私からはよく判らないけれど、二人の間では、相手の唇の動きだけで相手が何を言っているのかが判るのだろう。その二人にしか判らないことだろうけれど、きっとそうに違いない。そんな景色を眺めながら、ふとこんなことを思いついた。
 

 何かを喋る人達の唇の動きをPCに繋がったビデオカメラで撮影して、その画面を解析して「相手が何を伝えようとしているか」を調べるソフトがあれば、読心術とは言わないまでも私達は読唇術を身につけることになる。相手の唇の動きさえ判れば、相手の言葉が聞こえるようになる。新幹線のホームで読唇術で心を伝え合う恋人達のように、私達も相手の声が聞こえるようになる。

 そこで、ビデオカメラの画面の中から唇の形を検出して、何を喋っているのか、何を喋ろうとしているのかをリアルタイムに検出する読唇術ソフトウェアを作ってみた。とはいえ、一晩で作ったソフトだから、たった五文字の母音を検出できるだけだ。SPEAKINGMOUTHで眺めた「唇の動き」と自分の唇の動きを参考にして、相手の唇の動きから「五文字の母音」つまりア・イ・ウ・エ・オを読みとるだけだ。子音の判定は難しいけれど、日本語のように必ず母音を伴う言葉であれば、どの母音かが判るだけでも、相手の言葉を想像するためのとても大きな手がかりになるだろう。
 

SPEAKINGMOUTHで眺める「唇の動き」





 作ったソフトの名前はLip-reading、いつものように数回動かしただけの大雑把なソフトだけれど、これを使えば新幹線のドアのガラス越しに言葉を交わす恋人達のように読唇術を身につけることがきっとできるかもしれない。

動作画面は下のようになる。まずは、PCにビデオカメラを繋げて、そして相手の唇が画面の中央にくるようにビデオカメラを向ける。そうしたら、Startボタンでキャプチャーを開始して、右下の三つのスライダーを調節して、唇が白く浮かぶようにする。そうすれば、左下の画面で「相手が何を伝えようとしているか」が判る。相手の声が聞こえなくても、相手が何を伝えようとしているのかが判るのだ。これは、そんな風に相手の唇を見つめながら読唇術をするソフトウェアだ。
 
lipreadingの動作画面
(ウの形に唇を動かしてみたところ)

 そういえば、いつも私が眺める景色は東京発三島行きの最終こだまが停まっている東京駅のプラットホームだけれど、この間はそれとは逆の風景を眺めた。私は三島駅のホームにいて、ちょうど最終の東京駅行き22:34発のこだまが三島を出るところだった。

 そこにはやはり、こだまのドア越しに唇で言葉を交わす二人がいた。この二人も相手の唇だけを見つめているように見えた。私には二人の声は聞こえなかったけれど、きっと何かの言葉を交わしていたのだろうと思う。ゆっくり新幹線が動き出している時にも、ホームに立っていた方が何歩かこだまに向かって歩きながら、やっぱりそれでも言葉を交わしていたようにに見えた。

 そんな景色を頭に浮かべながら、次のようなことを考えた。今晩作ったこのlipreadingは、「たった五文字」の

「アイウエオ」
しか相手の唇の動きから読みとることができない。だけど、きっとあの恋人達が交わしてる唇の動きだって、きっとそんな「ほんの五文字」なのかもしれないと、ふと思ったりする。きっと、そうなのかもしれない、と思ったりする。
 
「アイシテル?」

「アイシテル。」

この記事と関係がある他の記事