hirax.net::inside out::07月05日

最新記事(inside out)へ  |   年と月を指定して記事を読む(クリック!)

2020年6月 を読む << 2020年7月 を読む >> 2020年8月 を読む

2001-07-05[n年前へ]

今日のリンク 情報処理学会 人文科学とコンピュータ研究会 

リンク

秋葉原の駅前の広場で 

 沼津でホッケーをやってる人を見かけた。ちょっと、面白い。世界は狭いなぁ。

銀の鈴 

のベンチの辺りだけが圏外(cdmaOne,NTTともに)なのは最悪。ベンチに座ってると完全に圏外。ほんの数メーター離れればOKなんだけど…。待ち合わせの時いつも不便。

2003-07-05[n年前へ]

かつおロボ 

 かつおの一本釣りをひたすら続ける「かつおロボ」 何だかちょっと面白い。

2004-07-05[n年前へ]

I actually do believe everything is possible. 

I actually do believe everything is possible.I don't believe everything is easy,I don't believe everything happens right away,and I certainly don't believe that things happen without a lot of hard work by a lot of people who are inspired and focused on a worthy and common goal. But I do believe we can create a future of non-zero sum games. CARLY FIORINA May 6, 2004

2005-07-05[n年前へ]

下丸子 

 計算の高速化手法(超入門編)を学んでいると、パズルのように楽しい。もし、計算プログラミングを仕事にしていたならば、とてもはまってしまいそうだ。もちろん、そんな風に面白く見えるのはきっと超入門編だからなんだろう。
 今回のようなItanium 2 でなく、次はPowerPC G5の場合も学んでみたくなる。



下丸子






スクロールバーに見る「未来の予感」 その3 

Google Arabic on IEGoogle Japan on IE スクロールバーに見る「未来の予感」 その2に書いたように、『スクロールバー類はその言語の「上手」に位置するのが自然である一方で、同時に「スクロールバー」類は本文よりも「利き手側」に位置する方が自然』に思えます。
 そんな「自然」を実感するのが、アラビア言語系のページをInternet Explorerで眺めているときの「不自然」さです。右の二つの画像はnakama yukie"をGoogle Japanで検索をかけた結果と、同じくGoogle Arabicで検索をかけた結果です。アラビア語表示のGoogleをInternet Explorerで眺めていると、スクロールバーが本文左側に位置してしまいます。その結果、不自然な操作感になります。もちろん、Tablet PCを使っていたりすると、スクロールバーを操作しているときには(右腕に遮られて)全く本文が見えなくなってしまいます。本文をスクロールしたいのに、その肝心の本文が見えなくなってしまうのです。まさに、本末転倒です。

Google Arabic on Fire foxGoogle Japan on Fire fox 一方、Fire foxではそんな風にはならないので(右の二枚のスクリーンショット参照)、アラビア語圏のページをTablet PCで眺めるときには、Fire foxを使うようになりました。アラビア語圏の右利きの人はTablet PC上でFire foxを使うと、とても気持ちよい操作感になりそうです。『スクロールバー類はその言語の「上手」に位置するのが自然である一方で、同時に「スクロールバー」類は本文よりも「利き手側」に位置する』わけですから。同じように、左利きの日本人がこんなテクニックでも使って、右側にスクロールバーを持って行ったInternet Explorerを使っていたりすると結構気持ちが良いのかもしれません。残念ながら私自身は右利きなので、その気持ち良さを実感することはできませんが…。

「理系バカと(存在しない)文系バカ」 

 「おろかもの」の正義論 から。しかし、考えてみれば、理系馬鹿という言葉と同じく、文系のありとあらゆる分野でも、対応するものがありあそうな気もしてくる…。

 ところが、文科バカという言葉は存在しないようだ。たぶん文科系の場合は頭に「文科」をつける意味がないのだろう。 小林和之 「おろかもの」の正義論 ちくま新書

2006-07-05[n年前へ]

「理系バカ」と"everything is" 

 from n年前へ.

ところが、文科バカという言葉は存在しないようだ。たぶん文科系の場合は頭に「文科」をつける意味がないのだろう。
I actually do believe everything is possible.I don't believe everything is easy,

2007-07-05[n年前へ]

「制御」と「物語」 

 制御工学の教科書のページをめくれば、どんなに少なく見積もっても、ページの半分ほどがフィードバック制御に関することに費やされている。
 フィードバック制御、それを実に大雑把に言うならば、「現在の状態に応じて"足りないもの"を補う」「"不安定なもの"を"安定"にする」制御だ。つまり、不安定性になっていまうものを回復し、安定にさせること、である。乱暴に言ってしまえば、世の中に満ちあふれている制御は、全部そんなものに見える。

 物語の基本パターンは、怪物退治と聖杯探求です。怪物は外側からこの世界を脅かすものです。英雄はその怪物を退治して、世界の秩序を回復します。一方、聖杯探求では、世界の秩序の中心が不意に消失し、世界が迷宮化してしまいます。英雄はその消失したものを探し出すことで世界の秩序を回復することになります。

文学を科学する 」 P.76 3.5 小説はいかに語るか
 「文学を科学する 」を読みながら、人は「現在の世界の"足りないもの"を補い」「"不安定な世界"を"安定"にする」物語を読みながら、同時に、「現在の自分の"足りないもの"を補い」「"不安定な自分"を"安定"にしようとする」ものなのだろうか、と思う。心の中の足りないものを補い不安を和らげる、つまり、心を癒す、そんな制御を物語はしているのだろうか。

 「可観測行列行列が正則でなければ、現在の状態を正確に知ることはできないし、可制御行列が正則でなければ、任意の状態に制御することはできない」とクールに断言する制御工学の教科書を読みながら、次世代の制御理論は人や世界の制御・安定化をいかに実現するのだろうか?とふと思う。
心の癒しというテーマ、それはぼくにいわせれば、とても単純な物語です。物語というものはそういう性格をもっている。

文学を科学する 」 P.125 ストーリー性の重視
 心の制御工学というものがあるのなら、それは一体どういうものだろうか。

2008-07-05[n年前へ]

日本人が感じる「理想の体型」は7.7頭身!? 

 イラストレーション・ソフトを作ったりする時のために、デッサンの勉強をしている。輪郭線に影響を与える人体骨格を改めて眺め直したり、あるいは、その骨格を包み込み繋いでいる筋肉の形などを見て、その構造に沿って人体を描こうとしてみる。そんなことをしていると、どのように頭部と胴体を分けた処理をすれば良いか、どのように輪郭線抽出の際の手抜きをすれば良いか、が見えてくるような気がする。

 人体の骨格や筋肉を眺めなおしていると、知らなかったことばかりで面白い。たとえば、男性の尾骨より女性の尾骨の方が後ろに丸く広がっていたり、骨盤の形・前後左右への広がり方が全然逆だったり…と当たり前のようにも思えるけれど、それらの骨格・筋肉図を頁の上で眺めなおすと、それはとても新鮮だ。

 そしてまた、「日本人が理想とするプロポーションは8頭身ではなくて、7.7頭身だ」といった言葉も、比較用の図を眺めながら読むと、実に自然に納得させられる。ギリシャ時代から理想のプロポーションは8頭身だとされてきたが、日本の女性誌人気モデルはおよそ7.7頭身ほどだという。理想プロポーションとされている8頭身のミロのヴィーナスを見ると、確かに、妙に頭が小さくて逆にやたらに胴体が大きく感じてしまい、「理想のプロポーション」には感じられない。ボッティチェリの9頭身のヴィーナス(の誕生)に至っては、大きな胴体に頭部がおまけのようについているように見えてしまう。

 日本人のプロポーションは平均6~7頭身だという。実際に比較用の画像を眺めてみると、なるほど、6.5頭身の女性像が一番魅力的に思える。それが、6.8頭身にもなると、ちょっと顔が小さく・胴体が大きく見えて、感じる「親しみ」が少し減じてしまうように見えてくる。5%の違いがそんな印象・感性的な大きな違いを生むというのが、何だか不思議で面白い。

 下の動画は、イラストレーション化したレッシグ教授の動画だ。全身像を見ると意外に顔が小さいのだけれど、この動画のように、胸から上だけを写した「頭身」を感じさせない画像からは、「親しみ」を強く感じるように思う。そういった感じ方への個人差・地域差・地域差といったものは、どういう具合になっているのだろうか。




2009-07-05[n年前へ]

「自由に使うことができる写真集 2」 from hirax.net 

 以前、「自由に使うことができる写真集」を公開しました。そのアルバム中の写真を「画像素材として自由自在に使って構いません」というものです。撮影者のクレジットの表示も必要ありませんし、商用利用も自由ですし、もちろん、(画像素材なんですから)改変することだってもちろん構いません、というものです。

 今日は、その続編、「自由に使うことができる写真集 2」を作ってみました。サイト上に置きましたので、どうぞ、ご自由にお使い下さい。

2010-07-05[n年前へ]

続 「小さな風船」と「大きな風船」の圧力はどちらが高い!? 

 「小さな風船」と「大きな風船」の圧力はどちらが高い!?の続きです。「空気で膨らんだ大きな風船」と「ほんの少し空気で膨らんだ風船」同士を繋いいだら、一体、その後どういうことが起きるか、そして、その現象はどういう過程で起きているのだろうか、という問題が周囲数メートルの狭い世界でブームになっているわけです。時には理論武装し、時には実験検証でその結果に驚く…という超局所的ブームが来ています。

 今日は、金魚を飼っている水槽から部品を調達し、「風船が膨らんだ時の風船内部の圧力を量ってみた」という実験レポートが送られてきました。右図のように風船と水の入ったホースを繋ぎ、どれだけホース内部の水を持ち上げることができるということから、風船内部の圧力を調べてみたというレポートです。何だか、金魚が可哀そうな気もしますが、その「科学のために金魚からホースを借りて行われた実験」の結果が、下のグラフになります。このグラフは、(黄色い手書きの矢印のように)風船を徐々に膨らまし、そして、空気をまた徐々に抜いていく際の内圧の測定結果を示しています。

 この結果を眺めると、(少なくともある程度の直径の範囲では)風船を膨らますにしたがって風船の内圧は下がるが、途中から若干の増加がみられ、また、そこから風船をしぼませていくにしたがって内圧は一時的に下がるが、風船径の減少にしたがって、内圧は増加するという結果がわかります。風船のゴムが弾性限界を超え、降伏点を超えているような挙動が見えてきます。

 ふとした話題をきっかけに、フットワーク軽く色々なことを「”魔法の”引き出し」から自分自身の手で取り出せる人たち・自分の手で取り出そうとする人たちを見ると、何だかとてもうらやましくなります。

続 「小さな風船」と「大きな風船」の圧力はどちらが高い!?続 「小さな風船」と「大きな風船」の圧力はどちらが高い!?続 「小さな風船」と「大きな風船」の圧力はどちらが高い!?






2011-07-05[n年前へ]

東京湾に浮かぶ島の浜辺に行ってみよう!? 

 川崎大師の先、人影のない「ちどり公園」の中央近くにある廃墟(のような小高い建物)の地下から「川崎港海底トンネル(人道部)」を走れば、東京湾の海底を1kmほど進むと、東京湾に浮かぶ東扇島にたどりつきます(参考:海底の下を真っ直ぐ走る「川崎港海底トンネル(人道部)」)。そして、そんな東扇島の最北東部、つまり、東京湾の奥に位置するのが(入場無料の)東扇島東公園です。

 東扇島は羽田空港の向かいに位置するので、飛行機の離着陸を近くに見ることができ、東京湾の波間の上を行き交う巨大船を間近に眺めることもできます。休日の昼間にはバーベキューをしている人たちもいますが、平日の昼〜夕方には人影はほとんどありません。海の向こうに見えるビルや工場群を見ながらキスを交わし合う恋人たちもいたりしますが、それでも、数百メートル四方には「人の密度は十人/km^2」ほどしかいないような気がします。

東京湾には、自然の島も浮かんでいれば、驚くほど広い面積の人工島がたくさん浮かんでいます。人工島、たとえば、東扇島には波が砂浜を撫で続ける浜辺もあったりします。

 自転車を漕いで行くのなら、JR川崎駅東口から川崎大師方面に20〜30分。あるいは、公共交通機関で行こうとするなら、川崎市バス 川05系統東扇島循環の座席に「東扇島東公園前」バス停まで座る。…バたったそれだけで、東京湾に浮かぶ人影の少ない幻想的な「浜辺」に辿り着きます。

 羽田空港から世界へ飛び立つ飛行機や、炎を噴出し続けるフレアスタック(ガス焼却施設)や、私たちが毎日眺める景色を海の向こう数kmの先に眺めることができる「浜辺」は、ふだん眺める景色とは全く別の世界を眺めることができる、そして、JR川崎駅からほんの20分ほどで辿り着くことができる場所です。

東扇島東公園東扇島東公園東扇島東公園東扇島東公園東京湾に浮かぶ島の浜辺に行ってみよう!?






2012-07-05[n年前へ]

(赤外線を見る)昆虫気分になって眺める世界 

 赤外線を見る昆虫気分になって、ふだん眺める世界を飛び回ってみました。コンクリートや水のせせらぎは黒く・暗く沈み込み、木々やの葉はクロロフィルからの赤外反射光で、眩(まぶ)しく輝いています。赤外線を感じる目を持って見ると…「あぁ、緑に引き寄せられる~」と感じます。

2014-07-05[n年前へ]

スカートめくりの風…「危険地帯は高層ビル近くの低層建物」で「高層ビル脇はむしろ安全」の法則!? 

 スカートめくりの風…「危険地帯は高層ビル近くの低層建物」で「高層ビル脇はむしろ安全」の法則!?を書きました。

 というわけで、台風が日本列島に近づく強固の毎、スカートめくりの風が吹きやすいのは「危険地帯は高層ビル近くの低層建物」で「高層ビル脇はむしろ安全」の法則を覚えておくと良いかもしれません!?

スカートめくりの風…「危険地帯は高層ビル近くの低層建物」で「高層ビル脇はむしろ安全」の法則!? スカートめくりの風…「危険地帯は高層ビル近くの低層建物」で「高層ビル脇はむしろ安全」の法則!? スカートめくりの風…「危険地帯は高層ビル近くの低層建物」で「高層ビル脇はむしろ安全」の法則!? スカートめくりの風…「危険地帯は高層ビル近くの低層建物」で「高層ビル脇はむしろ安全」の法則!? スカートめくりの風…「危険地帯は高層ビル近くの低層建物」で「高層ビル脇はむしろ安全」の法則!? 






2015-07-05[n年前へ]

「144層のパイ生地」と「誤用としての冪乗」 

 薄く重なったパイ生地が「144層」という数字を聴いて頭の中に「?」マークが浮かんだけれど、なるほど全部で「4つ折りx3つ折りx4つ折りx3つ折り=144層」なのか!
 クロワッサン、デニッシュ、ブリオッシュは「ペイストリー」に分類されますが、“THE PIE & PASTRY BIBLE”によると、その共通点や違いは以下のようになります。
 層の多さは折りパイ、クロワッサン、デニッシュの順。イースト使用の生地は二次発酵させる為に暖かい場所に置く必要があり、折り込みの回数が多いと生地が耐えられない。
・折り込み回数(層の数)は、折りパイ生地:6回以上(729)、クロワッサン:4回(81)、デニッシュ:3回(27)
・折り込みの回数に耐える為、折りパイ生地はグルテンのしっかりした強い生地を作る必要があり、グルテン含有率の高い粉を使ったり、生地をよく捏ねたりする。また、バターが溶け出さないように、焼くまで生地を冷やしておく必要がある。
・デニッシュは生地に卵を含み、折り込みの回数もクロワッサンより一つ少なく、焼き上がりはクロワッサンよりもフレーキーな感じではないが、ふんわりとして柔らかい。

デニッシュの定義って?
 関係無いけど、これも面白い。
 "元来は、単に「冪(べき)」と表現した。「冪乗(べきじょう)」という語は、誤用が定着したものである。 「冪」の文字はもともと「覆う、覆うもの」という意味の漢字であり、江戸時代の和算家は略字として「巾」を用いていた。ところがどちらも常用漢字・当用漢字に含まれなかったことから1950年代以降、出版物などでは仮名書きまたは「累乗」への書き換えが進められ、結果として初等数学の教科書ではもっぱら「累乗」が用いられた。この際、n 乗を取る操作の伝統的名称である「n 乗冪」 と「累乗」が混同され、「冪乗(べきじょう)」という語を生じた。"