hirax.net::踊る人形::(1999.11.01)

踊る人形  share on Tumblr 

郵便カスタマバーコードFontを作る




 久しぶりの新宿の東急ハンズでこんなものを買った。

ブラックライト

 紫外線を発光する蛍光灯である。ブラックライトという名称の方が通りが良いかもしれない。ブラックライトを車につけている人も多いらしい(私の趣味には実に合わないのだが)。スケルトンという所が今風である。

 さて、このブラックライトを使って「何か手元にあるものでテストをしよう」というわけで、はがきを照らしてみた。すると、「踊る人形」のような模様が浮かび上がる。

「踊る人形」のような模様
 自宅に届いたはがきをブラックライトで照らしてみる。

照らす前

照らしているところ
バーコードが見える

 もちろん、これはバーコードである。これは、郵便局の新型区分機により印刷される不可視の「局内バーコード」と「IDバーコード」だ。真っ直ぐな線が続いているのが、「局内バーコード」で、「踊る人形」みたいのが「IDバーコード」である。

 一番、目に触れているであろう「カスタマバーコード」(料金割引を受けようとする際に、差出者が郵便物に印字するバーコード)の写真を出したかったが、手元にないのだ。私の自宅にバーコード付きで手紙を出してくる人なんかいないのである。じゃぁ、勤務先はどうかというと、こちらは実に田舎で「字(あざ)」まであるのだ。困ったものだ。というわけで、こちらにも「カスタマバーコード」を印字したものは届いていない。

 最初は、「局内バーコード」と「IDバーコード」を解読しようかと思ったのだが、探してみると詳細な情報がすでにある。

 そこで、逆に郵便バーコード用のフォントを作ってみることにした。Macintosh用のフォントは見つかったのだが、Windows用のFreeのフォントは見つからなかったからである。

 当初は、「局内バーコード」と「IDバーコード」のフォントを作成するつもりだった。不可視のフォントという所にロマンが感じられる。しかも、普通の人は使わなく、作っても無駄なところが本WEBにぴったりである。しかし、あまりに用途が限られてしまうので、まずは「カスタマバーコード」のフォントを作成することにした。もちろん、「局内バーコード」と「IDバーコード」も近いうちに作成する予定である。

 それでは、まずは

から、「外字・TrueTypeフォント エディタ TTEdit」をダウンロードする。ひとまず、試用してみることにしよう。気に入ったら、登録するつもりである。
 そして、作成したのフォントが以下である。「バーコード」のような、文字数が少ないものは作成するのは簡単である。 フォントの対応を下に示す。
コード対応表
(上段=キャラクタ、下段=フォントでどのキャラクタを使用するか)
1234567890-CC1CC2CC3CC4CC5CC6CC7CC8StartStop
1234567890-:;<=>?@ABC
上に対応するバーコードフォント、POcustomerBarcodeで出力したもの

 ところで、カスタマバーコードの規格は結構厳しいらしい。このフォントが規格をみたしているかどうかは、怪しいものだ。自分で言うのもなんだが、テストすらしていない。テストするのは「またいつかの回」ということにしておこう。あるいは、動作確認、不動作確認などして下さった方がいらっしゃれば、ご一報頂けると幸いである。


この記事と関係がある他の記事