hirax.net::それを決めるのは誰だ?::(1999.06.27)

それを決めるのは誰だ?  share on Tumblr 

見えない「有害サイト指定」の疑惑



 今回は全て三人称で語られるハードボイルドな話である。あるサラリーマン、ここでは「彼」と呼ぼう、の実験と、考えを書く。

 今回の話の前段階として、
リモートカメラから世界をノゾこう!-Macintosh用カメラ制御プログラムを作る- (1999.06.26)
がある。この話の中に
MAQ?MAK?MAC! ( http://www.maqmakmac.com/)
へのリンクがある。ところが、彼の職場からはそのサイト、MAQ?MAK?MAC!を見ることができないというのだ。彼は会社内のLANとは別のルートでMAQ?MAK?MAC!へアクセスすることが多かったので、なかなか気づかなかったのだ。


www.maqmakmac.comは表示されない

 彼の頭にある疑いが生じた。彼はその疑念を確かめるために、tracerouteでwww.maqmakmac.comのIPアドレスを直接調べることにした。彼の指はキーボードを叩く、
tracert www.maqmakmac.com (Windowsマシンである)

tracerouteでIPアドレスを調べた

これでIPアドレスはわかった。彼は職場のマシンからwww.maqmakmac.comのIPアドレスを直接指定した上でアクセスを試みた。すると、彼の想像通りWEBの内容がきちんと表示された。「DNSがうまく動いていないないんじゃないの」という人がいるかもしれないが、そうではない。他のアドレス(後述する例外を除いて)に関しては問題ないのである。

IPアドレスを指定してやるときちんと表示される

彼の(疑いつつも)立てた仮説: www.maqmakmac.comを彼の勤務する会社は「有害サイト」として認識し、社内からwww.maqmakmac.comへのアクセスをブロックしている。

 もうすこし、判りやすく説明するとこうなる。
 彼の勤務する会社内のLANから社外へのGateWay内で登録された「有害サイト」のアドレス(URL)を検知して、アクセスをブロックするというシステム(URL検出法)を用いているのである。もしも、会社内からwww.maqmakmac.comというアドレスへのアクセス要求があったら、「駄目だよ」とその要求を蹴ってしまうのである。
 しかし、www.maqmakmac.comというアドレスでフィルターをかけているので、IPアドレスを直接指定してやると、フィルタを通りぬけて、アクセスをすることができるのである。

彼の知る限りでは、明らかに彼の会社内で全社的にブロックされてしまうアドレスが確かにある。それが恐らく参考になるだろう。例えば、こういったサイトである。

明らかにブロックされてしまうサイトの場合

おやおや、画面表示が少し異なる。ということは、意図的にブロックしているわけではないのか? あるいは、ブロックしている個所が違うのか? これだけではよくわからない。集まってきた情報によると、他の地域の部署ではwww.maqmakmac.comに関しては読みに行けるようだ。

URL規制プログラムで有名な
http://www.cyberpatrol.solution.ne.jp/
の指定する例によれば、「有害サイト」は

  • 暴力/精神的、肉体的(画像または文章)
  • 部分的ヌードと芸術
  • 全裸
  • 性的行為(画像または文章)
  • 下品、残酷な描写(画像または文章)
  • 差別、偏見(画像または文章)
  • 悪魔崇拝、カルト(画像または文章)
  • 麻薬関係(画像または文章)
  • 武器、過激派(画像または文章)
  • 性教育(画像または文章)
  • ギャンブル、違法行為(画像または文章)
  • アルコール、タバコ(画像または文章)
であるとしている。本WEBも含めて個人が開いているサイトは「偏見」に関しては多少なりとも出るのは当然ではある。それも個性の一つだからだ。偏らない見方などありえない。しかし、それは問題になるような程度ではないと思う。また、そういう偏りを排除して何かが得られるとは思えない。

こういったURLアクセス規制は今回の例に留まらない。どこの組織でもあることなのかもしれない。こういったネットワークにからむ問題についてはもう少しオープンにして考える必要があるのではないだろうか。

 彼はタバコを深く吸い込み、事件簿を閉じて、そして呟いた。「これ以上の真偽は確かめようがない...」

この記事と関係がある他の記事