hirax.net::スクリーンセーバーを作ろう。::(1998.11.17)

スクリーンセーバーを作ろう。  share on Tumblr 

FilmStrip

(1998.11.17)

 今回はスクリーンセーバーを作りたい。 指定ディレクトリに画像ファイルを入れておけば、それらの画像ファイルを自動再生するスクリーンセーバーである。ただ再生するだけではつまらないので、35mmのポジフィルム風に再生するものにした。フィルムはコダック コダクロームである。独特の濁った色会いが、好きなのだ。

 プログラムの土台にはC++BuilderのCDに付属のスクリーンセーバーのサンプルを使用している。

 今回のテスト版は192x128のランドスケープのKodak PhotoCDの小サイズを基本としている。つまり、35mmフィルムのランドスケープの縦横比である。その他のサイズの画像でも自動的にフィッティングするようにはしてあるが、縦横比が合っていないと、変な風になってしまうから注意が必要である。また、今回はwindowsBitmapファイルにしか対応していないが、いずれ、任意の画像ファイルに対応させる予定である。

 まずは、以下をダウンロードし、filmstrip.lzhを解凍したFilmStrip.scrをシステムディレクトリ(通常、Windows95,98であればWindowsディレクトリの下)に入れ、「サンプル画像ファイル(Image.lzh)」を解凍したものを、C:\のすぐ下に置く。あとは、これでスクリーンセーバーが使えるようになる。とはいっても、WindowsNT4.0でしか動作確認はしていない。

左が実行中の画面、右がその拡大図。実行時にはフィルムが次々と進んでいく。

 設定画面はこのようになる。現在は「撮影間隔」のスピード調整しかできないが、いずれ「モノクロ変換」、「セピア変換」、「ソフトフォーカス」などの画像処理もかけてみたい。モノクロにする時にはフィルムはもちろんネオパンプレストだ。

左が画面のプロパティでFilStripを選択したところ、右がFilmStripの設定画面

 フィルムストリップ形式にすると、映画を連想する人も多いかもしれない。今日は、淀川長治の映画解説の最後の日である。

この記事と関係がある他の記事