hirax.net::Keywords::「大阪」のブログ



2008-04-27[n年前へ]

水道橋博士と河合隼雄が語る「星座」と"Connecting Dot"な「日々」  share on Tumblr 

 20年くらい前に、こんな言葉を聞いた。京都府の山中にある学校の学園祭だったか、大阪市内のコンサート会場だったか、あるいは、武蔵野のどこかの学園祭だったか、…その言葉を聞いた場所は忘れたけれど、それは種ともこの言葉だった。

 数字がバラバラに書いてあって、その数字を順番になぞっていくと最後に絵ができる"Connecting Dot"ってパズルがあるじゃない? バラバラだったりしても、途中で間違っているように思えたりしても、色々と続けていたら最後に何か浮かび上がってきたりしたら、それで良かったりするのかな?って時々思ったりするの。
   種ともこ
 この言葉を聴いてから、"Connecting Dot"というパズルを見ると、そのバラバラに散らばった数字が「人の一生」に見えてしょうがない。

 「河合隼雄 その多様な世界―講演とシンポジウム 」を読んでいたとき、河合隼雄が語るこんな言葉を見た。

 (目の前にいる人・目の前にある悩みを)ボーと見ていると、おもしろいものが見えてくる。その面白いものが見えてくることを"コンステレーション"と呼びます。"コンステレーション"というのは「星座(を意味する言葉)」です。
 河合隼雄 「河合隼雄 その多様な世界―講演とシンポジウム
 この言葉とよく似た言葉を、お笑いコンビ「浅草キッド」の片割れの水道橋博士が、1年ほど前にインターネットラジオで語っていた。
 星が散らばっている時、その星を結んだ瞬間が一番楽しい。
  浅草キッド 水道橋博士
 この「星」というのは、誰かの「足跡」ということである。ただ眺めてみた時には、それらの足跡の集まりは 、何の姿も持たない「空に散らばっている星」にしか見えない。けれど、その人の足跡・星を結んでいくと、そこには、ただの点でも直線でもない「その人の姿」が浮かび上がってくる、ということだ。

 私たちは毎日走り続けている。時には、立ち止まったり、ゆっくり歩いてみたりしながら、流れる時の中で、何かの歩みを続けている。あるいは、好む好まざるに関わらず、移り流れゆく世界の中で、泳ぐことを続けている。その軌跡は、一体、どんな星座を描くのだろうか。

Constellation






2008-07-01[n年前へ]

偽装耐震計算ビジネスホテルから眺めた「合成写真」の景色  share on Tumblr 

「山腹の上に月が魅力的に佇む景色」を写真で撮ろうとすると、とても大きく見える月が不思議なくらい小さく写真に映っていることに驚かされます。たとえば、「素晴らしく綺麗な景色」は写真に撮れないに張り付けた写真の中に映っている月は、本当に小さな点に見えています。けれど、その景色を前に眺める月は、もっともっと大きく見えたのです。カメラの中の幾何光学的な現実と自分の心の中に映る景色との違いには、本当に驚かされます。

 右の写真はいつだったか新大阪のビジネスホテルから撮影した写真です。この写真がどういうものであるかをもう少し正確に書けば、夕日に向かって飛んでいく飛行機と夕陽と夕方のビル街を、画角を変えて連射撮影した3枚の写真を合成したものです。この写真は合成写真です。

 合成写真ですから、この景色を「ニセモノ」だという感じる人もいるだろう、と思います。けれど、ビジネスホテルの窓から私が眺めた景色は、そのままの撮影写真には映っていないように感じたのです。むしろ、この合成写真の方が、その瞬間に「ビジネスホテルの窓から見た景色」を写しているように思います。

 「夕日」「飛行機」「ビル街」のそれぞれを、単独にファインダーの中に収めた時には、それほど違和感は感じません。けれど、目の前に広がる景色を一枚の写真に収めようとした途端に、なぜだか心の中に映る景色と撮影された画像ファイルに映っている景色が、まったく違うものになってしまいます。それは、不思議なくらいの真実です。

 私が泊まったこのビジネスホテルは、ビル設計の耐震計算に偽装があったということで、この後しばらくして営業を止めた、と聞きました。そのニュースを聞いた時、そのビルの窓から眺めた魅力的な景色、そしてその景色を描いた「合成写真」を思い出しました。

 ごく狭い画角で対象物を正確に切り取った写真、広い画角に世界を映しこんだ写真、色々な景色の切り取り方があります。すべてを上手く描き出すことは難しいのだろう、と思います。きっと、すべてを満たすような切り取り方・描き方はないのだろう、とも思っています。その不完全さに、いつも切なさと魅力とを感じます。

2009-09-24[n年前へ]

大阪の象徴「通天閣」を三十一万円で買い取った吉本  share on Tumblr 

 竹本浩三「オモロイやつら (文春新書) 」から。この通天閣は、初代の通天閣。吉本せいは、吉本の創業者の一人で吉本興業の初代社長。

 昭和十三年、吉本せいは念願の大阪の象徴「通天閣」を三十一万円で買い取った。

2009-09-28[n年前へ]

「欲望」と「希望」  share on Tumblr 

 「EXPO’70 驚愕!大阪万国博覧会のすべて」の冒頭に掲げられた言葉から。

 そこでこれを読んでいるあなたにひとつの質問をぶつけてみたい。「なぜ飛行機は空を飛ぶのか?」。飛行機が空を飛ぶのは、ジェットエンジンを積んでいるからなのか?それとも初飛行機に成功したライト兄弟のおかげなのか?または空気抵抗と推進力と重力の諸問題を解決したせい???どれも答えとしては正解なのかもしれない。しかし哲学的だが、最も物事の本質を突いた回答がある。それは「人間が”空を飛びたい”と強く願ったから」-。
 一見、単純にも見えるこの答えだが、そこには明るい未来への希望を失い夢を持つ頃のできない今のこの時代にとって、ひとつの答えが隠されている気がしてならない。1970年の大阪万博を観に行った当時の子供たちは皆一様に、自分たちが大人になる21世紀には、クルマは空を飛び、ロケットでの月旅行や近世探検へ行く時代がやってくる、と当たり前のように信じで疑わなかったという。

2012-11-25[n年前へ]

大阪「心斎橋」近くにある「ケーニヒスベルグの橋」問題  share on Tumblr 

 「n年前へ」から。

 たとえば、大阪の心斎橋近くも、昔はいくつもの川が流れていたのに、今では、それらの川が流れていた場所には道路が建設されて、そして、その上を車が走っていたりします。
 そんな心斎橋近く、「浪華二十八橋智慧渡」の町並みを実際に歩いてみたいと思っています。「浪華二十八橋智慧渡」というのは、江戸時代 水野忠邦が老中だった頃に出された和算書「算元算法」の中に書かれている数学の問題で、つまりは、日本版「ケーニヒスベルグの橋」問題です。心斎橋近くにかかる二十八の橋すべてを一筆書き状に渡ることができるか?という問題です。



■Powered by yagm.net