hirax.net::inside out::2017年02月

最新記事(inside out)へ  |   年と月を指定して記事を読む(クリック!)

2017年1月 を読む << 2017年2月 を読む >> 2017年3月 を読む

2017-02-12[n年前へ]

Ricoh Theta S で2017年旧暦1月満月の夜を撮ってみる  share on Tumblr 

 思い返せば2015年は忙しかった。長身の国オランダに入り浸ったり、大学病院に入院したり、タイのスコータイやチェンマイあるいはバンコクで Ricoh Theta S と自作治具を抱えて全天周HDR距離マップ付き動画に挑戦したり、人生で2回目のスカートを送風機でめくる実験をしたり…と七転八倒の毎日だった。

 そんな人生七転八倒のお友達 Ricoh Theta S ともっと戯れたい!というわけで、OpenSphericalCameraのTheta S 制御用 Python コードを3.x用に書き換えて、長時間露光の微速度撮影で満月の夜を撮影をしてみた。

 旧暦1月の満月の夜を、露光60秒で20分ほどの時間、微速度動画を撮ってみる。太陽のように明るい満月と、都会に近いけれどそれでも見えるいくつもの星 は、北極星を中心に廻っている。もしも、渋谷のスクランブル交差点や、上野公園の桜の下、あるいは、山手線のホームで眺めてみたら、一体どんな景色が見えてくるだろう。

Ricoh Theta S で2017年旧暦1月満月の夜を撮ってみる






2017-02-26[n年前へ]

Ricoh Theta S で24時間のHDR(多段露出)撮影をして遊んでみる!?  share on Tumblr 

 Ricoh Theta Sを制御するPython 3.xコードを書いた (「Ricoh Theta S で2017年旧暦1月満月の夜を撮ってみる」)ので、Theta Sを載せた三脚を高く立て、24時間を少し超えるくらいの時間にわたり、11段階の露出時間での撮影を交互に続けてみました。ちなみに、撮影に使ったPython コードは下記になります。

import osc
import theta
import time
thetas = RicohThetaS()
thetas.setCaptureMode( 'image' )
thetas.setOption("exposureProgram", 1 )
thetas.setOption("ISO", "100")
thetas.setOption("whiteBalance", "daylight")
shutterSpeeds1 = [0.00015625, 0.0005,
    0.002,0.008,0.03333333,0.125,0.5,
    2,8,30,60]
for i in range(400):
    for shutterSpeed in shutterSpeeds1:
      thetas.setOption("shutterSpeed", shutterSpeed)  
      time.sleep(1)
      response = thetas.takePicture()
      thetas.waitForProcessing(response['id'])
      time.sleep(1)
      thetas.getLatestImage()
      time.sleep(1)
thetas.closeSession()

 こうして、 1/6400秒~60秒までの11段階にわたる露出時間で撮影した画像群を、下記のPythonコードでHDR(ハイダイナミックレンジ)合成します。

import cv2
import numpy as np
iniID = 11006 # fileName
for i in range(400):
    files=["hoge"+"R00"+str(iniID+j+i*11)+".JPG" for j in range(11)]
    imgs = [cv2.imread(file) for file in files]
    mertens = cv2.createMergeMertens()
    resImg = mertens.process(imgs)
    resImg = np.clip( resImg*255, 0, 255 ).astype('uint8') 
    cv2.imwrite("hoge"+
                "out_"+str(1000+i)+".jpg", resImg)
 そして、11段階の多段露出画像を合成した連番画像ファイルを動画ファイルとして結合することで、たとえば、下に貼り付けたようなLittle Planet風のタイムラプス(微速度)動画として眺めることができます。撮影を行ったのは、都会に近い薄曇りの空の下ですが…それでも恒星が浮かぶ宇宙空間を回転する地球が進んでいるさまが見えるような気がしてきます。