hirax.net::inside out::2011年11月21日

最新記事(inside out)へ  |   年と月を指定して記事を読む(クリック!)

2011年10月 を読む << 2011年11月 を読む >> 2011年12月 を読む

2011-11-21[n年前へ]

「日米修好通商条約で”関内”が開港地に選ばれた地形的な理由」と「”関所”の内側だから”関内”という理由」  share on Tumblr 

 TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)に関するニュースを聞いた時、約150年前の日米修好通商条約を思い出しました。そして、「日米修好通商条約」を連想した直後、さらに思い起こしたのが「日米修好通商条約を受けて、江戸幕府が横浜の関内を”開港地”として選んだ理由」です。

 東神奈川(神奈川宿)辺りの港でなく、関内の辺りを開港地として選ばれたのは、山に囲まれ東海道を通る人たちから、”外国”が見えないから。

地形図を見ながら考えた
 今の横浜港、関内の辺りは、つまりは一種の「出島」です。他の場所とは隔離されて、外からは見えない・見られない、そんな場所だったのです。

 「出島」に行き来するためには、もちろん「関所」を通らなければなりません。だから、「関所に囲まれた”内側”を指して”関内”と呼ばれることになりました。そして、当時は、その外側が”関外”と呼ばれていた、というわけです。横浜の山下公園の「港」に続く「関内」の街の名前は、「関所の内側」から来ていたのでした。

 海と運河と川に囲まれた横浜に入るために…橋が架けられました…幕府はこの橋の畔に関所を設けました…これより内側の”横浜区域”は”関内”とよばれ…

神奈川宿と横浜

  地形図を見ると「なるほど!」と納得できる「歴史(過去の判断と結果の積み重ね)」があったり、「歴史」や「地理」を知ることで自然に納得できる「名前(地名)」もあったりするのです。

twitter から