hirax.net::inside out::2013年07月04日

最新記事(inside out)へ  |   年と月を指定して記事を読む(クリック!)

2013年6月 を読む << 2013年7月 を読む >> 2013年8月 を読む

2013-07-04[n年前へ]

1月・2月・3月の高出生率のヒミツ!?  share on Tumblr 

 1899年から2000年までの月別出生率を見ると、昭和20年くらいまで、1月・2月・3月の出生率が高いことに驚きます。下のグラフが、その「1899年から2000年までの月別出生率」ですが、「1月・2月・3月の出生率が他の月の1.5倍くらい高い」「一番出生率が少ない6月と比べると2倍ほど高い」という具合になっています。これは、一体なぜなのでしょうか。

 「農作業を行う貴重な労働力を無駄にしないために、農作業オフシーズンの時期に出産をするように計画出産をした」とか「(出産の約9ヶ月前にあたる)春という季節は恋と愛の季節だ」とか…色々な理由が考えられそうですが、このデータやはり何だかとても不思議でミステリアスです。

 たとえば、1・2・3月以外の出生率は、長い間(それほど)変わっていないにも関わらず、1・2・3月に限っては、1905年あたりから急に上昇しています。都会で働く職業の人たちが増えたこの時期、そんな風に急激な変化があると、何かの制度とかシステムとか…そんな変化があったのだろうか?と想像したくもなったりします。

 …この理由は、一体どんなことなのでしょうか。その時代は、どういった変化があった時代だったのでしょうか。


参考:南半球のパラグアイの月別出生数